jiichan.com

PROGRAMMING

SQLの構文いろいろ

SQLの構文には

1. データを操作する言語(DML)の構文 2. データを定義する言語(DDL)の構文 3. データを制御する言語(DCL)の構文
がありますが、使おうと思ったときにすぐ思い出せないので、すぐコピペできるようにこのページに準備しておきました。 使用頻度の高いDMLとDDLについて取り上げています。

データを操作する言語(DML)の主な構文

DMLの代表的な構文はなんといっても「SELECT」文です。テーブルからデータ行を得ます。
SELECT  [DISTINCT]  列名, 列名 FROM  テーブル名 [WHERE  条件] [GROUP  BY  列名 [HAVING 集計関数を含んだ条件式]] [ORDER  BY  列名]
次はテーブルにデータ行を追加する「INSERT」文。 INSERT INTO   テーブル名(列名, 列名, 列名)  VALUES(値, 値, 値)
テーブルの既存データ行を変更する「UPDATE」文。 UPDATE  テーブル名   SET  列名=値, 列名=値  [WHERE  条件]
テーブルの既存データ行を削除する「DELETE」文。 DELETE   FROM  テーブル名  [WHERE  条件]

データを定義する言語(DDL)の主な構文

DDLはデータベース内のオブジェクトを「作成・削除・変更」するために使用します。

1. 作成: CREATE  ○○オブジェクト 2. 削除: DROP  ○○オブジェクト 3. 変更: ALTER  ○○オブジェクト
のような構文になります。


CREATEの例:テーブルを作成する

CREATE TABLE 都道府県一覧 (都道府県CD INT,都道府県名 VARCHAR(10));

DROPの例:テーブルを削除する

DROP TABLE 都道府県一覧;

ALTERの例:テーブル名を変更する

ALTER TABLE 都道府県一覧 RENAME TO 都道府県一覧2;

ALTERの例:列を追加します(追加の位置の指定や複数指定も可能です)

ALTER TABLE 都道府県一覧 ADD 市町村名 VARCHAR(10);

ALTERの例:列を削除します

ALTER TABLE 都道府県一覧 DROP 市町村名;

ALTERの例:列にプライマリキーを追加します

ALTER TABLE 都道府県一覧 ADD PRIMARY KEY(都道府県CD);

ALTERの例:列をAUTO_INCEREMENT属性にします

ALTER TABLE 都道府県一覧 CHANGE 都道府県CD 都道府県CD INT(4) AUTO_INCREMENT

/*列名を変更しない場合はCHANGEではなくMODIFYの方が簡潔*/
ALTER TABLE 都道府県一覧 MODIFY 都道府県CD INT(4) AUTO_INCREMENT;